軸立てのやり方

聖地廻りを案内する際、必ず最初に全員で「軸立て」をします。
軸立て自体に神事の意味もこめられています。

人は生活していく中でその環境や人との接触により影響を受け(恋人や友人、家族もふくめ)
エネルギー的な意味で汚れます、肉体的な垢と同じです。
それらのエネルギーを整えることが、軸立てそのものです。
整体の魂ヴァージョンだと思っていただいて結構です(笑)

自分の魂を立てるという意味もあるので
軸立てをしていくうちに解消すべき因縁がわかってきたり(ハッとして気づくことがある)
「あれ?」といったことも出てくるかもしれません。
また、軸立てには「守り」「結界」の役割もあります。

​※人によっては軸立ての後に「好転反応」として
体調や精神面など著しく変化が出る場合もありますが
(風邪の症状、下す、吐き気、喜怒哀楽の起伏が激しくなるなど)
何日か続けるとその症状も治まって行きます。(簡単に言えば「膿だし」)


余談ですが、わたしの場合、やりはじめの頃は精神的・肉体的にとても辛く、きつかったです。
ドバドバ出て行った感じ(笑)
もちろん、いまでも毎日、軸立てをしていますし、
わたしの場合、軸立てをしたら船酔い・飛行機酔いがピタっと無くなりました(笑)
本人も予想外の思わぬ効果(笑)

○方位をとる。
自宅の室内で、東西南北を確認します。
いつも自分がいる部屋であれば台所、リビング、自室どこでもOKです。
※トイレやお風呂場などは避けてください。

​「なんかだるい」「変な感じ」、感覚的に自分の状態が思わしくないと気づき出したら、
夜でも自宅でしたらやってみてください。
常に自分のエネルギーを整えるイメージしながらやると良いです!
※風邪や病気など体調がすぐれない日は無理せず中断してください。

○北の方位から順番よく♪
では北の方位を向いてください。座っても立っても良いです。​

1.北の方位を向いたら、その日の日付、住所、名前、干支を言って
(自宅なら自宅の住所。これは初めての時だけで結構です。)

2.「今日は軸立てをします。〇〇の方位の神様よろしくお願いします」とご挨拶してください。
​(〇〇には方位が入ります)

3.それから自身の頭から足のつまさきまで、ピーン!とする感じをイメージして終わりです。
イメージできなくてもOK、「軸立てをします。」と唱えるだけでかまいません。

作業としては簡単ですよね?あまりにも簡単でびっくりしますが、ものすごい効果が出ます。
なにも道具もいらないし、、、わたしもいまだにびっくりします(笑)

上に書いた1~3を北→東→南→西と各方位でやれば、軸立ての完了です
イメージとして、北から順番よく円を描くイメージです。
四角ではなく円、すべて丸くおさまり、循環するように。。