Img_7af67bc0536a387a879c33a485728101
神から

「自分自身が「やりたい」と思ったことを行うこと、

自分を抑えつけることなく、行きたい場所へ行くこと。

それは魂の旅。」と、伝えられました。

夢の中でのイメージは、

わたしの中からもう一人のわたしが遠くへ放れていく様子。

わたしは「どうしよう」といった躊躇や恐怖もなく、

受け流すようにもう一人のわたしを「行かせ」ました。

(手放した、というイメージかな)

これが過去形で、「旅をさせたのは(結果的に)良かったよね」と話していました。

(人生の上では)まだまだ旅の途中かと思いますが、

いったん、この旅での成果を、何らかのカタチで観ることができるのかもしれません・・。

不思議な夢でした。

今日は立春。
Img_8b70d97c3802e2187f70f78dc3f68180
昨日、「ふたば」という文字をよく見せられました。
「物事の始まり」という印象も受けました。
※「二つに分かれた(もの、こと)」とも伝えられます。


二つの子葉。植物が芽を出した時に見られる二枚の葉。双子葉植物は一般に子葉は二枚である。 [季] 春。 《 大いなる-もたげぬ庭最中 /加賀谷凡秋 》

人のごく幼い頃。また、物のごく初期。 「 -の頃から見守る」

コトバンクより
Img_fcf2f8d53160c5228481e41333cc3d46
湧き水
Img_0e757736738719be0f49397a46c6a33f
イソヒヨドリ(スーサー)
ジタバタせず、ジっと静観する。

目の前のことを受け流してみる。

できるかなぁ・・。

結局、それも「やる」ことになるのかな?

「なにもしない」って選択はないのか。

でも「選択」も「する」(動詞)なのか。

生きてる限り「する(動)」からは逃れらない?(笑)

目の前を過ぎるものに反応すること、それは鏡なのか。

なぜ「心が動く」のか・・

問答するのも疲れたなぁ、

心の中にイメージを持つことにしよう。
Img_7f5b37ee537280693508d5eb7164d7d2
アサヒカズラ(ニトベカズラ花)とキタキチョウ(蝶)
葛藤する心。

東の目。右目に目薬が点された。

迷う時は、自分の心に問いかけること。

Img_37ebfca53c7d9b2930e0538e69549c6c
観音様
Img_d70181f4b8ccde6118a2633eb88bbbdf
Img_0b2cff4a9e751937f5d3d2a0a9ef73e2
蓮の池で遊ぶクロマダラソテツシジミ
先日、観音堂を訪れた時、祈り終えてから観音様の写真を撮りました。

撮ったときは急いでいたので気づきませんでしたが、
帰宅して画像をみると、、
ちょうどガラス戸の間から左目だけでこちらをご覧になっていらっしゃいました。
(画像はトリミングしてあるのでやや拡大された感じになってます)

3枚ほど撮りましたが、すべて同じ様子でした。
(まあ同じ方向から撮ったからだけど・・(-_-;)

隙間からこちらを覗いていらっしゃるのか、
ガラス戸を開けてお出でになるところなのか、
あなたの目にはどのように映りますでしょうか・・。